2015年10月28日開催セミナーレポート「名刺管理とビジネス向けメッセンジャーを活用して、Salesforceをもっと促進、もっと活用!」

※本記事は2015年10月28日(水)に開催されましたco-meeting、サンブリッジ共催セミナーのレポートです。

モバイルの活用によって日々のビジネスが加速する――今回のSalesforceのモバイル活用セミナーでは「名刺管理とビジネス向けメッセンジャーを活用して、Salesforceをもっと促進、もっと活用!」をテーマに株式会社co-meeting取締役COOの矢野 貴明氏を迎えて行われました。

第1部:「名刺は会社の共有資産。Salesforce1でいつでもどこでも名刺情報を活用!」

株式会社サンブリッジ SmartVisca推進室
マネージャー 鈴木 利隆

第1部はサンブリッジ SmartVisca推進室の鈴木による、9月にサンフランシスコで開催されたDreamforceのレポートから。

 

17万人もの来場者を世界から集客するそのスケールの大きさに始まり、イベント会場の雰囲気やDreamforceでのトピックスが紹介されました。

また鈴木はIoTやAnalyticsが注目される背景として、世界の90%のデータが今年1年で作られており誰もがPC並みのデバイスを持ち歩く時代となっており、大量データを集約して活用する必然性を述べ、Salesforceはそのためのプラットフォームとしてまとめました。

さらにSalesforceのプラットフォーム上で様々な業務に活用できるAppExchangeアプリケーションがあり、特に情報のインプットの面で活用できるのがSmartViscaであると説明、機能紹介の後に、蓄えられた情報を活用する手段としてco-meetingの矢野氏にバトンをタッチしました。

第2部「誰でも使えるメッセンジャーとSalesforceでフィールドワークが変わる」

株式会社co-meeting
取締役COO 矢野 貴明

第2部ではCu-hacker for SalesforceやCM KanbanBoard for SalesforceなどのAppExchangeアプリケーションを開発提供するCo-meetingの取締役COOの矢野 貴明氏が登壇し、同社の新しいSalesforce連携サービスであるBotDock for Salesforceを紹介しました。

2011年に創業された同社は、2014年のSalesforceハックチャレンジにて会議室予約サービス「AITA」が最優秀賞、Force.comアプリケーション#1を受賞するなど勢いのあるITベンチャー企業としてAppExchangeコミュニティの中でも日々存在感を増している会社です。

このセッションで矢野氏は「普段、LINEやFacebookメッセンジャーを利用していますか?」と問いかけ、現在利用されているSNS/コミュニケーションサービスや、年代別LINEの利用状況に触れ、LINEは老若男女に使われており、その大半はスマートフォンユーザーであると紹介、

  • ビジネスにもっとスマホを使う
  • だれでも使えるLINEの様なチャットUIを使う
  • Salesforceをフィールドからもっと活かす

の3つをテーマに同社の新サービスBotDock for Salesforceとベースとなっている企業向けメッセンジャー「direct(ダイレクト)」の概要について説明しました。

LINEの様なdirectのチャットUIからBotとの対話によって必要なSalesforceの情報を手早く引き出せるデモはとても新鮮なもので、LINEを使い慣れているようなユーザーにとってはSalesforceを利用するハードルがグッと下がることと、管理者にとっては会社の重要な情報のやり取りを勝手にLINE等でやり取りされることを回避することが可能になるツールとして可能性を感じました。


最後に矢野氏はSmartVisca Botを紹介し、directのユーザーインターフェイスを用いて画像付き名刺情報へのアクセスするデモを紹介、これは「使ってみたい!」と思える機能でした。

セミナー終了後のアンケートからもSmartViscaと連携可能なビジネスチャットツールへの関心の高さを伺えるセミナーでした。