IT経営フォーラム2016 IN 福岡

9月に福岡で開催されたセールスフォース・ドットコム主催のイベントに引き続き、去る11月11日(金)に福岡にて開催されたクラウディアジャパン株式会社、株式会社テラスカイ共催のイベント『IT経営フォーラム2016 IN 福岡』にSmartViscaを出展いたしました。

itforum2016_fukuoka
主催のクラウディアジャパンと参加スポンサー企業の皆様との集合写真(クラウディアジャパン様にご提供いただきました)

当日の講演は「厚切りジェイソン」こと株式会社テラスカイ グローバルアライアンス部長のジェイソン・ダニエルソン氏をはじめとする豪華なスピーカーが目白押しで、個人的にもすべての講演を拝聴したくなるものでした。

ブースでのお客様対応の合間に参加したセッションの中でも最後のパネルディスカッションの中でディスカッションされたテーマのひとつ「本当に人工知能(AI)に仕事を奪われる?」は、「これまでのAIブーム同様に2〜3年で萎む」「自動運転や飛行機の管制官などに活用されるようになるのでは?」「日本はAIを使わないことで使う他の国と差がでるのでは?」など多種多様な意見が飛び交い非常に面白くも考えさせられるものでした。

「人手不足の中で企業が成長するためには?」というテーマのディスカッションの中で、サーバーワークスの大石社長が語られた「福岡に進出することが目的で拠点を作ったのではなく、福岡に採用したい人がいたから拠点を作った」という言葉は個人的にもかなり響きました。まさにどこからでも仕事ができるクラウドが前提でないとこのような人の採用はできないし、このスピード感が同社の成長の秘訣なのだろうと強く感じました。

この他の講演についての詳細なレポートについてはクラウディアジャパン様のレポートページをご覧ください。

pocky

講演の合間には多くのお客様が弊社ブースを訪れ、SmartViscaやSalesforceを活用した名刺管理についてのご質問をいただきました。

会場撤収時には、クラウディアジャパンさんより来場者に配られた、社員の方のメッセージ付きノベルティの「ポッキー」をいただきました。(そういえば11月11日はポッキーの日でしたね!)

直前に発生した博多駅前の陥没事故と当日午前に発生したJRの架線損傷事故が重なりましたが、多くの参加者の方々が来場され、改めて九州地区におけるクラウド推進への意識の高さを肌で感じる1日となりました。