名刺を営業・マーケティングに活用するためにSalesforceとSmartViscaを選ぶ理由

名刺を営業・マーケティングに活用するためにSalesforceとSmartViscaを選ぶ理由

名刺管理サービスだけで、「売れるしくみ」をつくることはできるのでしょうか?

「売れるしくみ」を実現するための営業・マーケティング施策を行うためには、営業活動を可視化するための商談管理や活動管理、売上予測などの機能は欠かせません。

見込み客育成にはマーケティングオートメーションとの連携も必須となります。

本ホワイトペーパーでは、「売れるしくみ」をつくるためのプラットフォームであるSaleforceを活用した名刺管理サービス「SmartVisca(スマートビスカ)」と他の名刺管理サービスの違いと導入のメリットについて解説します。
【クラウド名刺管理サービス SmartVisca(スマートビスカ)導入事例】日本パレットレンタル株式会社様

【クラウド名刺管理サービス SmartVisca(スマートビスカ)導入事例】日本パレットレンタル株式会社様

社会システムの重要なインフラのひとつである物流を支えるレンタルパレット。複数の企業間でのパレットの共同利用を推進する同社では、内勤および外勤営業担当者の円滑なコミュニケーションを実現するための取り組みとしてSalesforceを導入、サンブリッジの名刺管理サービス「SmartVisca(スマートビスカ)」も採用した。
【クラウド名刺管理サービス SmartVisca(スマートビスカ)導入事例】株式会社ブロードリンク様

【クラウド名刺管理サービス SmartVisca(スマートビスカ)導入事例】株式会社ブロードリンク様

オフィスの情報機器をはじめ,あらゆるモノの力を最大限活かす業,「活業」というビジネスコンセプトを掲げる情報機器リユースのリーディングカンパニーであるブロードリンク。同社は取引先企業とのタイムリーなコミュニケーションを実現するために,クラウド名刺管理サービス「SmartVisca(スマートビスカ)」を採用した。