feed_force_logo

株式会社フィードフォースfeedforce Inc.

株式会社フィードフォース

顧客情報を確実に素早くSalesforceに取り込む。フィードフォースでは名刺情報も商談情報もSalesforceに一元管理することで,効率的なセールス活動を実現している。さらに,SalesforceのマーケティングオートメーションツールのPardotとも組み合わせて,行動を把握し,きめ細かな顧客対応を目指している。

デジタルマーケティングに特化したクラウド型サービスを展開

2006年に設立されたフィードフォースは,企業向けクラウド型デジタルマーケティング・サービスを提供している。自社開発したツールを活用し,デジタルの世界で企業と顧客をつなぐサービスを展開する同社の主力サービスの1つが「ソーシャルPLUS」。これはソーシャルログイン機能をベースに,企業が展開している自社サイトのサービスにソーシャルメディアの外部IDを簡単に連携し,ソーシャルを通じてユーザーとの関係を深め,獲得したデータを活用するASPサービスだ。

ソーシャルPLUSは,単にソーシャルメディアのアカウント情報を自社サイトと連携するだけではない。フィードフォース マーケティングチーム マネージャーの澤井和弘氏は「たとえばソーシャルログインを活用すれば,会員登録時のエントリーフォームを入力する手間や,IDやパスワードを管理する手間が省けるので,サイトの会員登録率や再ログイン率の向上が実現できます。」と語る。

もう1つのサービスが「DF PLUS」だ。DF PLUSはダイナミックバナー広告やリターゲティング広告など,多様な媒体に合わせて企業が保有する商品データを変換,最適化して配信するデータフィード・サービスだ。「たとえば,EC事業者などがバナー広告を出したいときに対象となる商品が数100万点もあったとします。その商品情報を取り込んだ広告を出稿するために,各広告メディアに最適化するように商品データを変換し媒体に渡すサービスです」と説明するのは,マーケティングチームの谷垣進也氏だ。単純なデータ変換だけでなく,蓄積されているノウハウに基づき広告効果を高めるアドバイスも一緒に提供する。つまり,企業が実践するデジタルマーケティング活動を強力に裏側から支えるサービスと言える。

feedforce-1

SmartViscaのSalesforceとの連携を評価

デジタルという新しい世界でビジネス展開しているフィードフォースでは,イベントセミナーや展示会などで自社サービスを積極的にアピールしている。さらには,ホワイトペーパーダウンロードなどの仕組みも利用し,見込み顧客情報を収集して効率的なセールス活動を目指している。そのために活用しているのがSalesforceのクラウドサービスだ。

「Salesforceは以前から使っていましたが,あまり使いこなせていませんでした。それを3年くらい前に見直すことにしたのです」と澤井氏。営業担当者などは個々に顧客情報をExcelなどで管理することも多く,商談情報や受け取った顧客の名刺情報がなかなかSalesforceに登録されない課題があった。

「顧客,商談の情報を一元管理したい,そう考えたのがSalesforceの運用を見直すきっかけでした」と澤井氏。見直しの課題の1つに挙がっていたのが名刺情報の管理。その課題解決のために選ばれたのが,クラウド名刺管理サービスの「SmartVisca(スマートビスカ)」だった。

feedforce-2
「顧客,商談の情報を一元管理したい,そう考えたのがSalesforceの運用を見直すきっかけでした」(澤井氏: 写真中央)

「SansanやキングソフトのCamCardなど他の名刺管理サービスも検討しましたが,SmartViscaはSalesforceとシームレスに連携している点が採用のポイントでした。それと日本人オペレーターが入力している点も,情報の正確さの面で評価しました」(澤井氏)

手作業でのデータ登録の手間が減り,正確な顧客情報がタイムリーにSalesforceに登録される。それらを考えれば費用面でも妥当のサービスだと判断された。

谷垣氏は独自情報をカスタム項目で追加するのも,Salesforceのカスタマイズでワークフローを使って自動化する機能が簡単にできたと語る。「Salesforceでできることは,SmartViscaでも同じようにできます」と柔軟性の高さを評価する。またサービスを使うのにSalesforceにログインするだけでいいのも便利だと語る。これは,結果的に名刺情報や商談情報をSalesforceに一元管理する当初の目的にも合致している。

リード化する際のデータのマージには課題も

イベントなどに参加すると,一度に数100枚の名刺が集まる。かつてはこれを3名ほどの担当者が半日以上の時間をかけ取り込んでいた。「今は300枚ほどあっても,スキャナーでの取り込みは30分もあれば終わります。名刺を取り込む作業が時間を気にせずにできる。なので日常業務の中に組み込めます」と谷垣氏。

一方で,名刺情報からSalesforceのリードに変換する際には少し課題があると語る。「現状は新しい名刺情報はどんどんリードに変えますが,旧いものは人が判断し選択しています」と澤井氏。一旦リードにしてからマージ作業を行い,重複を排除する必要があるのだ。「リードに変換する際に重複していればアラートを出してくれるなどの機能があると嬉しいです」とのこと。マージは自動でできるに越したことはないが,どうルール化すればいいかは悩むところだと指摘する。

マーケティングチームの深谷 直氏は,情報を取り込むのはかなり楽になったと語る。とはいえデータのマージなど,入力の後の部分はやはり少し手間がかかると。そういった部分については「他のユーザーが,課題にどのように取り組んでいるか,それも気になるところです」と語る。

“Pardotを入れることで,名刺交換した顧客がどういった行動をしているかがSalesforce上で,一目で分かるようになります。営業担当者も,早くそれを知りたくなるはずです。そうなれば,交換した名刺をもっと早くSalesforceに取り込みたいという要求が出てくるはずです”

Salesforce活用のベストプラクティスの提供を

フィードフォースでは,Salesforceのマーケティングオートメーション・ツール「Pardot」の導入も予定している。これを活用し,よりきめ細かいマーケティング活動を目指すのだ。

「Pardotを入れることで,名刺交換した顧客がどういった行動をしているかがSalesforce上で,一目で分かるようになります。営業担当者も,早くそれを知りたくなるはずです。そうなれば,交換した名刺をもっと早くSalesforceに取り込みたいという要求が出てくるはずです」(谷垣氏)feedforce-3

名刺交換後の顧客状況が定量的に見えることが期待されている。そのためにもSmartViscaの効率的な運用方法はもちろん,それと組み合わせたSalesforceの活用事例,さらにはその他の便利なAppExchangeアプリケーションの情報も欲しい。「他社がどのような業務フローで顧客情報を活用しているのか,その情報は是非聞かせて欲しいところです」と深谷氏は語る。

また谷垣氏は,SmartViscaやSalesforceのちょっとしたカスタマイズの情報も欲しいとのこと。「サンブリッジならさまざまな顧客と関わっているでしょうから,その中のベストプラクティスを提供してもらえばと思います」と期待している。

株式会社フィードフォース
株式会社フィードフォース
株式会社フィードフォース
マーケティングチーム マネージャー
澤井 和弘 氏
株式会社フィードフォース
マーケティングチーム
谷垣 進也 氏
株式会社フィードフォース
マーケティングチーム
深谷 直 氏