映画『幸せのちから』から考えるつながり

年に数回の大型連休、みなさん十分リフレッシュ出来ましたか??

ゴールデンウィークもお仕事という方々や、今週いっぱいまでお休みなので、来週からの本格的な仕事モードに戻るのが辛いという方もいらっしゃるかと思います。

さて、私事ではございますが、先日新宿ルミネの屋上で『Cinema Fest』というイベントがありまして、友人と参加して来ました。

ルミネの屋上をビアガーデンとして開放しビルの壁を大型スクリーン化して映画を無料上映するイベントです。

18時15分からの会で上映されたのは『幸せのちから』というウィル・スミス主演の実話をもとに作成された映画でした。

日本では2007年に公開されましたが、この作品で主人公を演じたウィル・スミスは第79回アカデミー賞で主演男優賞にノミネートされましたね。

映画をご覧になっていない方もいらっしゃるかとは思いますので、内容の詳細については控えさせていただきますが、日々のビジネスにおいてどこにどんなキッカケがあるか分かりません。

直接、お客様とご挨拶出来る機会を大事にし、そこでのつながりを大切にしていくこと改めて考える良い機会になりました。

皆様も機会があればぜひご覧になってください。とても良い映画ですよ。