クラウド名刺管理サービスならSmartVisca 名刺は会社の共有資産。
Salesforce1でいつでもどこでも名刺情報を活用!

Salesforce AppExchange
SmartVisca(スマートビスカ)名刺は会社の共有資産 Salesforce1でいつでもどこでも名刺情報を活用!

Salesforce専用だからデータは一箇所で管理!

SmartVisca は、名刺情報を正確にデジタル化し、Salesforce組織上で名刺管理および取引先・取引先責任者の管理を実現するSalesforce専用のクラウド名刺管理サービスです。名刺情報はSalesforce組織に取り込まれ、その他のサーバーには残りません。
デジタル化された名刺情報はSalesforce組織上で一元管理されるため、ID やデータベースの二重管理も発生しません。

会社で名刺を管理するからコンプライアンスにも対応

名刺は会社の共有資産です。社員個人に任せた名刺管理は過去のものです。強固なセキュリティのSalesforceで名刺を管理・共有し、ビジネスに活用しましょう。
名刺情報はお客様のSalesforce組織のみに取り込まれ、その他のサーバーには残りません!

名刺情報を日々の営業やマーケティング活動で活用

名刺情報を取引先やリードに簡単連携。常に最新の情報を業務で活用可能になります。

名刺から取引先責任者へ簡単連携

シンプルな名刺管理から見込み顧客の発掘や人脈活用まで用途に応じた利用が可能です。 Salesforce組織に保存された名刺データをそのまま取引先責任者の情報として登録や更新が可能です。

名刺の検索方法はいつもと同じ!

名刺を検索するときはグローバル検索やビューの利用、サイドバーの『名刺検索』から探せます。使い慣れたSalesforce のレコード検索と同じ方法なので簡単です。

名刺情報をSalesforceで分析し、営業活動の状況を見える化しましょう。

スキャナやスマートフォンでSalesforce組織に取り込まれた名刺情報は、担当者ごとの名刺交換の実績や、取引先との親密度など、レポートから確認いただけます。

Salesforceに特化しているため、他社製品に比べてカスタマイズが容易!

名刺のデータを取り込んだ後、運用方法はお客様によって様々です。たとえば、最終納品された名刺のデータを取引先・取引先責任者に自動で登録したい!といったご要望にも対応することが可能です。お客様のご要望をお聞かせください。

名刺からリードへ簡単登録

「リードに登録」ボタン押すだけで名刺情報の一括リード登録が可能です。イベントの翌日から、お礼メールやフォロー電話や集客データの分析に名刺情報を活用することが可能になります。

人事異動情報に連携して最新の情報を取得(オプション)

日経人事ウォッチャーが提供する人事異動情報に基づき、当該企業の名刺情報を更新することが可能になります。(別途株式会社日本経済新聞デジタルメディア様との契約が必要になります)

自動連携・項目マッピング

名刺をスキャンするだけで、取引先・取引先責任者に自動的に登録可能です。また、登録の際には既存情報の上書きや各項目のマッピングも出来ます。例えば、取引先の住所を標準ではなくカスタムで作られていても、名刺の住所を入れることが可能です。

Lightning対応

Lightning Experienceの環境であってもご利用頂くことが可能です。

モバイル対応で電話やメールもスムーズ

Salesforce1モバイルアプリで名刺情報を活用

Salesforce1モバイルアプリで名刺を管理

サムネイル付の名刺一覧をSalesforce1モバイルアプリ上で検索・閲覧することが可能です。
外出先からでも名刺を交換したお客様の所属や役職を素早く確認でき、訪問先であわてることもありません。

名刺情報の詳細から電話やメールが可能

名刺の詳細画面上から電話をかけたり、メールを送ることが可能です。
スマートフォンさえあれば、いつでもどこでもSalesforce組織に格納された名刺情報にアクセスし、タイムリーに取引先との連絡が可能です。

名刺管理画面から活動予定を確認可能

Salesforce組織上で、お客様に関連付けられた活動予定をSalesforce1モバイルアプリの名刺管理画面から確認することが可能です。商談後に新規ToDoや新規行動の登録もできるのでビジネスのスピードも加速します。

名刺情報のデジタル化で社内の人脈を共有

同じ名刺が登録されたら、Chatterで通知が届くように設定できます。個別の名刺画面から同じ名刺を持っている社員を検索したり、取引先と誰が誰とコンタクトを取っているか検索することができます。

名刺情報にタグをつけて名刺グループを自在に管理

名刺情報にタグをつけてグループ化することで、プロジェクト、イベント、導入検討企業など様々なグループを作ることが可能です。

登録されている名刺情報をもとに組織図を自動作成

取り込まれた名刺は同一の会社の名刺を所有する社員の間で共有され、どの組織とコンタクトを取っているのかが一目でわかります。

詳しく見る

SmartVisca料金プラン

Salesforce組織単位での年間契約、月額料金は名刺の取込枚数で決まります。
お客様規模に応じたきめ細やかなプランをご用意しておりますので
価格表をご希望の方は下記よりお申込みください。
利用料の月額換算
 初期費用
 年間利用料
 年間可能取込枚数
 名刺1枚あたりのデジタル化費用

Standard

8,000円
50,000円
96,000円
960枚
100円
5名以下の小規模事業者におすすめです

Professional

59,500円
50,000円
714,000円
8,400枚
85円
20名規模の営業担当者が在籍する企業におすすめです

Enterprise

325,000円
50,000円
3,900,000円
60,000枚
65円
イベント開催など時期により名刺の獲得枚数が変動する企業におすすめです

価格表をご希望の方はこちら

※ご利用に際してはSalesforceのライセンスが別途必要になります。

SmartViscaについてのご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。

Loading...